© 2003 - 2019 by Paris Rendez-Vous|shinji.osawa@yahoo.fr|+33 (0) 6 68 83 36 86|Paris, FRANCE

  • Paris Rendez-Vous Facebook Page
  • Mail_(Apple)_logo
  • 電話

オーベル・シュル・オワーズ

Auvers-sur-Oise

ゴッホが晩年過ごした家、ゴッホとテオのお墓を訪ねる旅

オワズ川の岸辺にあるこの小さな村はパリの西北30キロの所にあり ゴッホの作品 [オ一ベル教会]によって世界の人々を惹きつけている。ゴッホの生前に現実の世界は決して彼を優しく受け入れてくれなかったけれど彼はこの現実の世界を鋭く見据え 体系化し 情熱をもって意味を与えようとし また与え続けた。この事が彼の実生活において葛藤をよぎなくされ、彼の精神は繊細にうち震える。

弟のテオはこの兄を理解して彼の生涯を通じて変わらぬ援助をつづける。

1890年5月 プロバンスからパリに兄を迎えた弟テオは オ一ベルシュルオワ一ズの芸術家達の保護者として知られるガッシェ医師に兄を預ける。

この村のラブ一亭の屋根裏に下宿したゴッホは ここの生活2ヶ月の間に70余点の作品を描き、身も心も焼き尽くし、同年7月27日畑の中でピストル自殺を試みた。

生命で支払った芸術によって ファンゴッホは 近代の画家が誰も行こうとはしなかった芸術と人生の統合に敢えて挑戦した。芸術と人生はファンゴッホにとって分割する事のできない 一つの統一体となった。

29日 拳銃で自分の胸を射ってからラブ一亭の屋根裏部屋に戻り弟テオとガシェ医師の見守る中37歳の短い生涯を終える。

3月1日から10月29日までの水曜〜日曜日
出発: お客様の都合に良い時間に出発可能です。お泊りのホテルまでお出迎え致します。
所要時間:   半日観光 約4時間     
解散:   パリ市内だと何所でも可能。観光前にガイドに申し出て下さい。
料金 ミニバス1台貸切 約5時間 1~8名
360ユーロ(入場料別)
1日観光の案

オーベルシュルオワーズ+シャンティイ城        料金600ユーロ

オーベルシュルオワーズ+ジベルニー         料金620ユーロ

オーベル+バラの村ジェルブロワ(6月)        料金700ユーロ

この他どのようなプランでも相談に乗ります。

お気軽にお問い合わせ下さい。