© 2003 - 2019 by Paris Rendez-Vous|shinji.osawa@yahoo.fr|+33 (0) 6 68 83 36 86|Paris, FRANCE

  • Paris Rendez-Vous Facebook Page
  • Mail_(Apple)_logo
  • 電話

ロワール古城巡り

Les Châteaux de la Loire
世界遺産!

ロワ一ル河1020Kmに及ぶフランス最長の河で北上していた水流はオルレアンあたりから西に曲がり大西洋へと 流れ込む。普通ロワ一ル地方とはこの河の中流地方を指し、フランス王達はとくにこの地方に好んで暮らしていた。

16世紀にシャルル8世はルネッサンス真っ盛りのイタリア に遠征し深く影響を受け、以来ルイ12世、フランソワ1世と 続いて アンボワ一ズ、ブロワ、シャンボ一ルとフランス ルネッサンスの実践の場としてロワ一ル渓谷を一変させた。 貴族達もまたこぞって優雅居城を建ててこの地方を彩った。

ルネッサンスは「世界の中における人間の地位について」定義しなおす新しい精神の象徴として 登場し、あらゆる分野の調和と美の研究が試みられた。あの有名なレオナル・ダ・ビンチもフランソワ1世に招かれてこのロワール地方へ来ることになり、ロモランタンの都市計画図を残している。現在ダビンチの墓はアンボワーズ城の礼拝堂の中にあります。

またフランスでは、このルネッサンスは宗教革新も呼 び旧宗教と新宗教の武力対立を生んだ。

ブロワ城にて旧宗教派のギ一ズ公を殺害した(1588年)国王アンリ3世もまたパリの近くで暗殺される事になる。 最後のヴァロワ王朝が咲かせたロワ一ルの輝かしい時代はこうした悲劇をもって終わりを告げたのである。

 

写真をクリックすると拡大できます。

出発:  7時00  お泊りのホテルまでお迎えに参ります。

所要時間: 1日観光 約12時間     

解散:  パリ市内だと何所でも可能。観光前にガイドに申し出て下さい。

モデルプラン

07時00 パリ発

09時15 シャンボール城着

入場見学 

11時15 シャンボール城発

12時00 アンボワーズ城着

車窓見学。アンボワーズでランチ。

14時00 クロ・リュセ見学(ダビンチの家)

14時30 シュノンソー城着

入場見学

16時00 シュノンソー城発

19時00頃 パリ着

料金 ミニバス1台貸切 1~8名

 850ユーロ      (入場料別) 

ロワ一ル地方にはお城の数が200以上あると言われています。一般のツア一では見学するお城は限定されていますが、パリランデヴ一では普通行けないお城に案内する事ができます!

この他に見学できるお城(クリックすると各城のオフィシャルサイトをご覧頂けます)

ブロワ城シュベルニー城(タンタンの漫画に出てくるハドック船長の城)、ショーモン城ユッセ城(眠れる森の美女のお城)、シノン城(ジャンヌ・ダルクが初めてフランス国王シャルル7世に謁見したお城)、ヴァランセー城(タレーランのお城)、ロッシュ城等、。

この他にご希望のプランがありましたら、何なりと相談に乗ります。

お気軽にお問い合わせ下さい!

1泊2日の小旅行の案

モンサンミッシェル+ロワール古城巡り

詳細、料金についてはお問い合わせ下さい。