© 2003 - 2019 by Paris Rendez-Vous|shinji.osawa@yahoo.fr|+33 (0) 6 68 83 36 86|Paris, FRANCE

  • Paris Rendez-Vous Facebook Page
  • Mail_(Apple)_logo
  • 電話

モンサンミッシェル

Le Mont-Saint-Michel

世界遺産!

「陸でありながら もう陸とは言えず、海でありながら もう海とは言えない」。(ジュ一ル・ミシュレ)

イギリス海峡に開かれた、ノルマンディ一とブルタ一ニュとの真ん中の、湾の中にあるモン・サン・ミッシェルは、大昔は硬い花崗岩で出来た 高さ80メ一トルの切り立った岩盤の小高い丘であった。

45000ヘクタ一ルにおよぶこの湾は、ヨ一ロッパ最大の潮の満ち干きが観側され、満ち潮の時には、毎秒1メ一トルの速度で満ちてくると言うこの速さは、馬の速足のギャロップにたとえられ、もしこの時砂浜に居たら、危険である。

サン(聖)・ミッシェルは、天の軍団を率いる大天使で、死者の魂を量る天秤を持ち、選ばれた者達を悪魔と戦いながら無事に天に導くと言う。

このモン(山)を臨む近くの高台の町アブランシュに住む、オベ一ル司教の夢の中に、この大天使が現れて、ここに聖ミッシェルを奉じるように命じた。この夢を疑って何もしなかったオベ一ル司教の夢の中に3度目に現れた時、サン・ミッシェルは光った指を頭に突っ込んで厳命したと言う。708年の事である。この穴の開いた頭骨は、今もアブランシュの教会に聖遺骨として保存される。

中世には 巡礼地として賑わい、フランスの危機だったイギリスとの百年戦争の時には、一日二回満ちてくる潮が、周囲を海にして攻撃を不可能にした。以来、このモンサンミッシェルは、難攻不落のフランス国民の象徴として今も立つ。

延々とその時々の出来事に営まれながら、今日に見る人間の成した世界にも類まれな姿を目にした時、例外無くここを訪れる人たちは驚嘆の歓声をあげるかも知れない。石器時代の太古の昔から、神聖な山とされてきた事が、この辺一帯の民間伝承の中から窺い知る事が出来る。

大天使サン・ミッシェル

オーベル司教の頭に穴を開ける

サン・ミッシェル

ドライバーはフランス公認ライセンスを持ったベテランガイドです。修道院の中まで同行してモン・サンミシェルの歴史を分かりやすく説明します。

出発: 07時00  お泊りのホテルまでお迎えに参ります。
所要時間:   1日観光 約12時間     
解散:   パリ市内だと何所でも可能。観光前にガイドに申し出て下さい。

料金 ミニバス1台貸切 1~8名 

950ユーロ (入場料別)
1泊2日の小旅行の案

パリ→ルーアン→オンフルール→モンサンミッシェル→サンマロ→パリ 

サンマロ

モンサンミッシェル+ロワール古城巡り

シャンボール城

詳細、料金についてはお問い合わせ下さい。