パリ半日観光 

Paris

"花の都"や"芸術の都"など、数々の愛称を持つパリ。
世界中から多くの人々が訪れ、言うまでもなく見どころは満載です。観光スポットが多すぎてどこへ行けばいいか迷ってしまうもの・・。
そしていくら時間があっても足りない!
そんなパリの定番の観光地から魅力的な穴場までご案内します。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

まだパリがパリとして無かったころ、ケルト系部族のパリジ一族がシテ島に定住したのは紀元前3世紀のころ。漁をしたり猟をしながら平和に暮らしていた。この名前がパリの名の由来だ。

そして突然シ一ザ一が率いるロ一マ人がこの地にやって来たのは紀元前52年のこと、ガリア=ロ一マ時代となって立派なローマ都市"ルテシア"が建設される。


ローマ帝国の崩壊後、偉大な人物が次々とパリを危機から救う : アッチラの軍勢からパリを守った聖女ジュヌビエ一ブ(5世紀)、セ一ヌ河をのぼってやって来るバイキングからパリを守ってフランス王となったユ一ド伯(9世紀)、パリを城壁で囲い守って最初のル一ブル宮を建造したフィリップオ一ギゥスト(13世紀)。

カペ一王朝に続くバロワ王朝の時代には英国人の手中になったパリを奪い戻すべく やって来たジャンヌダルク(15世紀)。

 

そしてフランス革命、コンコルド広場で処刑されたルイ16世とマリ一アントワネット。 

ナポレオン1世による王党派の鎮圧と戴冠、凱旋門の建設等、ナポレオン3世の大規模な都市改造。20世紀初頭の二つの大戦とレジスタンス、...。ドゴ一ル将軍のパリ解放。

セ一ヌ河はつぶさに見続けてきたこのパリの物語を今日もパリを訪れる人々にささやき聞かせる。その歴史の後を今日に残すパリの街は我々をふと2000年のタイムカプセルに誘い込むだろう。

観光モデルコース

凱旋門、シャンゼリゼ通り、エッフェル塔、コンコルド広場、アンバリッド寺院、マドレ一ヌ寺院、オペラ座、ル一ブル、 ノ一トルダム寺院等、モンマルトルの丘等、主な名所を車窓観光。

 

●通常の観光だとモンマルトルの丘には行きません。道が狭い為、大型バスは通行禁止。ミニバスだから可能なのです!

 

●お客さまのご希望に沿ってコ一スを一緒に決める事もできます。行きたい場所がありましたらお申し付けください。

●ルーブル美術館内のガイドも可能です!(有名な作品を効率よく短時間で回れるコースを案内します)

ドライバ一ガイドの案内を聞きながらパリ市内観光 : 

出発 : お客様の都合のいい時間に出発可能です。泊りのホテルまでお迎えに参ります。

所要時間 : 約4時間

解散 : パリ市内だと何処でも可能。観光前にガイドに申し出て下さい。

料金 ミニバス1台貸切 約4時間 (1~8名) 

360ユーロ

​半日だけではなく終日貸し切ることも可能です

8時間貸切 600ユーロ